フィラリア症予防薬タイプのご選択

 フィラリア症予防薬は、犬・フェレット君は5月(4月)終わり〜11月終わりに、月に1回必要です

 また、2015年までのフィラリア予防薬価の上昇に対し、可能な限り経費を削減して処方価格を抑えてきましたが難しくなりました。2016年から一部の予防薬の処方価格を改定させて頂きます、どうぞご了承ください。

 Q1、Q2、Q3で、予防薬の種類選択のご参考にしてください


Q1, フィラリア症予防薬は何種類あるの?

A1, 2種類あります
   フィラリア症予防のお薬は、2種類あります。飲み薬と注射薬です。
   犬くんの好みや、ご家族のライフサイクルに合わせて、ご家族と一緒にお薬を選んでいます

   しかし、フェレット君は、フィラリア症予防薬は飲み薬(粉タイプ)の1種類です(注射薬、ぬり薬がありません)
   おやつのバイトを使うなど、簡単な方法で飲めます。フィラリア予防で受診された時などでご相談ください


Q2, では、犬くんの好みと、ご家族のライフサイクルに合ったお薬はどんなもの?

A2, 質問@
   犬くんは、お薬を飲めますか?
   (すぐに飲み込んでくれる、飲んだ後吐き捨てない など)
    →Yes: 飲み薬が良いでしょう
    →No : 注射薬が良いでしょう


    質問A
   飼い主様にとって、毎月1度の薬投与は大変ですか?
   (うっかり忘れてしまう、多頭飼いで1頭ずつの投薬は大変である など)
    →Yes: 注射薬が良いでしょう
    →No : 飲み薬が良いでしょう



Q3, T飲み薬、U注射薬の違いを教えてください

A3, T飲み薬について
    1か月に1回の飲み薬です(コスト★★★)
    5月(4月)終わりから、11月終わりまでの7回の飲み薬です
    きよしヶ丘ペットクリニックでは、食べやすいおやつタイプをお渡ししています
    おやつタイプは犬回虫、犬鈎虫に対する駆虫薬も入っていて、犬くんの衛生状態を良くします
    おやつタイプの他に、素錠タイプ(コスト★★)があります。直接投与などの時にお渡ししています
    
    U注射薬について
    1年に1回の注射薬です(コスト★★★★)
    4月1日〜5月31日の間に注射を受けてください
    伝染病混合注射、狂犬病予防注射との同時注射は要注意です
    忘れずに毎月飲み薬を飲む習慣から解放されるところが魅力です


 フィラリア予防薬のタイプ選択は、犬くんの好みや、ご家族のご方針で決まります
 どの種類の予防薬を選んでも、きちんと使えば予防効果は変わりません
 安心してご選択をして頂けます

 実際にお使いになるお薬は、診察室でご相談いただけます。フィラリア検査の時などにお声掛けください



きよしヶ丘ペットクリニック 千葉県松戸市小金きよしケ丘3丁目25-24   TEL 047-340-3883

禁無断転載 Copyright © Kiyoshigaoka Pet Clinic. All rights reserved.