猫くんにノミ・マダニ予防を推奨致します

猫くんにノミ・マダニが寄生するとどうなるの?

<  ノミによる病気  >

・ 貧血     (多数のノミに吸血されると、血液がなくなります)
・ ノミ刺症   (強いかゆみを覚えます。蚊と同じです)
・ 瓜実条虫症 (瓜実条虫という寄生虫を持つノミを、毛づくろいの時に摂取して感染します)
・ ノミアレルギー性皮膚炎 (ノミの唾液アレルギーで、かゆみの他に高度の湿疹ができます)


<  マダニによる病気  >

・ 貧血     (多数のマダニに吸血されると、血液がなくなります)
・ SFTS    (SFTS(重症熱性血小板減少症候群:Severe Fever with Thrombocytopenia Syndrome)ウイルスを持つマダニに吸血されると感染します。猫の感染症状は評価が難しいのですが、人はマダニに吸血されたり、人はウイルスを保有する猫に咬まれると発症し、ときに死に至ります)


<  皆さんに知ってほしい4つの事  >

1、 室内飼いにしましょう
  ノミ・マダニにほぼ感染しません。外出する猫は、ノミ・マダニ、猫エイズ、猫白血病、猫バルトネラ症(人が感染して猫ひっかき病)、皮膚糸状菌症などに感染し得ります。
  また、室内飼いは、外猫同士けんか、交通事故死、行方不明になりません。猫が外出する飼い方は推奨されていません

2、 室内飼いでも、安心しない
  猫くんがお散歩に行かなくても、人が荷物や衣服でノミを持ち帰って室内で繁殖することがあります
  カーペットやソファはノミの格好の繁殖場所です

3、 ノミ・マダニは通年で吸血します
  春から初秋はノミ・マダニの活動が活発になります
  ノミの繁殖活動の気温は13〜32℃なので、冬でも湿度が保たれ暖房が効いた部屋はノミにとって快適な空間です

4、 毎月1回、ノミ・マダニの予防を行ってあげてください
  猫くんにたいするノミ・マダニの予防薬は、内服薬(コンフォティス)、塗布薬(フロントライン、アドボケード)があります
  きよしヶ丘ペットクリニックでは、飲み薬が大丈夫な猫くんは「コンフォティス」、飲み薬が苦手な猫くんは「アドボケード」を推奨しています
  猫くんが、内服が大丈夫か、難しいのかで選択されれば良いでしょう


 アドボケードはマダニに対応しておりませんが、多種(ノミ、疥癬、ニキビダニ、ヒゼンダニ、回虫)に高い駆除効果が1か月間持続する塗布薬です

 今まで、きよしヶ丘ペットクリニックでは、皆様にはフロントラインプラスという塗布薬を推奨していました。しかしフロントラインは、@塗布薬は投与部分がベタつき、ときに塗布後にその部分を気にして掻くこと、A相対的に古くなった、ことから推奨しておりません
  
 一般的に、内服が苦手な猫くんは多い事を当院としては存じておりますので、
 新機軸のアドボケードを塗布薬としてお勧めいたします



きよしヶ丘ペットクリニック 千葉県松戸市小金きよしケ丘3丁目25-24   TEL 047-340-3883

禁無断転載 Copyright © Kiyoshigaoka Pet Clinic. All rights reserved.