お知らせ|松戸市小金で動物病院をお探しの方はきよしケ丘ペットクリニックまで

注射薬によるフィラリア予防のごあんない

2020年3月24日(火)

 フィラリア症の予防薬は少なくても年に7回分が必要です
 毎月末日に飲ませてあけてください
 予防の始まりは遅くても5月31日から、終わりは11月30日まで、です

 きよしヶ丘ペットクリニックではフィラリア予防薬の飲み忘れが無いように、注射での予防も選択肢の1つとしてお勧めしています
 注射薬は安全にお使いいただける上、1回のフィラリア予防注射で、飲み薬が不要となり、予防薬の飲み忘れリスクが無くなります

 どうしても犬くんが予防薬を飲んでくれない、お忙しく忘れてしまう、など、30日間隔の服用にお悩みのご家族様におかれましては、フィラリア予防注射をお勧めいたします
 フィラリア予防注射の期間は毎年4月1日〜5月31日とさせて頂いております

 フィラリア予防注射はコスト高ですが、便利です
 予防注射を採用しにくい体重クラスがありますが、お悩みのご家族様にはぜひお勧めいたします
 ご質問、ご検討のご家族様は、受付にお伝えください

 

フィラリア予防の飲み薬と注射の価格比較(7か月分)>(フィラリア検査費・消費税は別)
(30㎏以上の犬君におかれましては、お手数ですがお問い合わせください)

4.9㎏まで 5~10.9㎏ 11~15.9㎏ 16~21.9㎏ 22~29.9㎏ フェレット
注射薬 7530円 9400円 12860円 15040円 19690円 6410円
内服薬(比較) 5460円 7000円 10010円 10010円 12600円 4340円