お知らせ|松戸市小金で動物病院をお探しの方はきよしケ丘ペットクリニックまで

狂犬病予防注射と登録をしましょう(3/2~6/30)

 狂犬病予防法により、ご家族にたいし、犬くんの狂犬病注射と登録が義務付けてられています (狂犬病予防法第4条・5条)
 各市の狂犬病集合注射や、各動物病院で狂犬病ワクチンをお受けになってください
 きよしヶ丘ペットクリニックでは、通年で狂犬病ワクチンをお受けいただけます
 体調が良い日に、受付時間内にご来院ください
 特に、3/3(火)~6/30(火)は松戸市・流山市・柏市の登録を代行いたします(ワクチン接種料に含む)

<犬くんの登録>

・ 登録は1生に1度です (狂犬病予防法第4条)
・ 生後90日以内、または、犬くんが家に来た日から30日以内に登録してください
・ 登録先は、各市町村役所、または保健所です (松戸/流山市は市役所、柏市は保健センター)

 当地域では登録費用として3000円が発生します(一生に一度)
 登録すると、その犬くんの鑑札が交付されます
 犬くんの鑑札と注射済票は、犬くんがもしも行方不明になった時の迷子札にもなりますので、狂犬病予防法としては犬くんの首輪に常時装着を指定しています

<犬くんの登録内容の変更について>

・ はじめの登録内容に変更があった時は、再度届出てください
例)その犬くんの住所が変わった時、ご家族の名字が変わった時、その犬くんが亡くなった時、ご家族が変わったとき など

<狂犬病予防注射>

・ 毎年1回の予防注射が必要です(狂犬病予防法第5条)
・ 生後91日以上のすべての犬くんが対象です(狂犬病予防法第5条)
・ 3月2日〜翌年3月1日の間に、予防注射を1回受けることを義務付けられています

<動物病院で狂犬病予防注射を受けた場合>

・ 接種証明書が発行されます。その証明書を行政の登録先(各市役所)に提示し、注射済票の交付を受けてください
・ 当地域では1年に1度の注射済票に550円が必要です

<集合注射会場で狂犬病予防注射を受けた場合>

・ 集合注射会場では接種証明書が発行されず、直接注射済票が交付されます
・ 初めての注射の場合は、鑑札も同時に交付されます
・ 集合注射後に接種証明書が必要な方は、当地域では、東葛地域獣医師会から後日の発行(有料)となりますのでご注意ください
 集合注射会場では、その案内をご確認ください

<きよしヶ丘ペットクリニックより>

・ 狂犬病予防注射は、お差支えなければ、3月2日〜6月30日でお受けになってください
・ きよしヶ丘ペットクリニックでは、この時期は松戸、柏、流山市の方は登録を代行(無料)しております。
・ 代行登録日は、松戸市は4/30・5/31・6/30、柏市と流山市は6/30です
・ 7月1日~翌3月1日に接種された方は、お手数ですがご自身で登録をお願いいたします

<狂犬病とは>

 狂犬病は人獣共通のウイルス感染症です
 発症した場合は人間も確実に死亡します
 日本国内での狂犬病の感染者は、1956年以降はありませんが、2008年ころ、日本人2名が外国で感染して帰国後に発症し、死亡しています
 2018年現在、世界規模では年間60000人の人間が狂犬病により死亡しています。(WHO(世界保健機構)より)