お知らせ|松戸市小金で動物病院をお探しの方はきよしケ丘ペットクリニックまで

注射薬によるフィラリア予防のごあんない

 フィラリア症の経口予防薬は毎月の服用が必要です。それにたいし、フィラリアの注射予防薬は1年に1回で予防が終了します
 きよしヶ丘ペットクリニックではフィラリア予防薬の飲み忘れが無いように、注射での予防も選択肢の1つとしてお勧めしています
 注射薬は安全にお使いいただける上、経口予防薬の毎月の服用から解放され、飲み忘れることが無くなります

 犬くんが予防薬を飲まない・ご家族がお忙しく服用をお忘れになる等、毎月のの服用に問題がある場合や、服用に問題が無くても注射薬で確実に予防を実施する等の場合、フィラリア予防注射をお勧めしております

 フィラリア予防注射の期間は毎年4月1日〜5月31日とさせて頂いております

 フィラリア予防注射は内服薬に比べコスト高ですが、便利です
 毎月の服用にお悩みのご家族様は、受付にお伝えください。診察でお応えいたします

 

フィラリア予防の飲み薬と注射の価格比較(7か月分)>(フィラリア検査費は別)
(30㎏以上の犬君におかれましては、お手数ですがお問い合わせください)

4.9㎏まで 5~10.9㎏ 11~15.9㎏ 16~21.9㎏ 22~29.9㎏ フェレット
注射薬 8600円 10700円 14650円 17100円 22400円 7300円
内服薬(比較) 7200円 8050円 11550円 11550円 14350円 5600円

 

フィラリア予防薬注射につきまして

きよしヶ丘ペットクリニックでは、フィラリア予防に12か月持続型の注射薬をおすすめしています
毎月の飲み薬が不要になるので、便利になるからです

以下にフィラリア予防注射薬が経口薬に比べての利点と注意点を並べます

<利点>
・ 1回の注射で、12か月間のフィラリア予防が達成できます
・ 注射によって、忘れがちな毎月の飲み薬から解放されます
・ 診察室でのフィラリア予防薬注射で確実にその先1年間の予防が保証されます

<注意点>
・ 大幅な体重の変化は予防効果が減少しますので、体重は増やさないでください
・ 0歳児の犬くんは成長で体重が増えていきますので、使えません
・ コストがかかります。飲み薬に比べておおよそで1.4倍を見積もってください
・ 当院では、この予防薬注射は4/1~5/31の期間でのみ扱っています(通年ではお受けいただけません)

このフィラリア予防注射は、手段選択肢の1つです
注射薬をお使いのご家族はコスト高でも皆様が楽に予防されていますので、推奨をいたします
確実に年間7回以上の飲み薬が自然に達成できるなら、注射も飲み薬もどちらも良いと考えています

私たちの願いは、皆様にフィラリア予防を確実にして頂く事です
フィラリア予防薬の注射は確実ですので、お勧めをしています

4月30日(金)はフィラリア予防の日です

犬くん、フェレットくんのご家族様

 今年も早いもので、フィラリア予防のシーズンに入っていきます
 各ご家庭で、蚊をすでにお見かけになっていたら、4月からフィラリアの予防を始めましょう

 フィラリア予防薬(チュアブル剤 / 錠剤 / 注射剤 / フィラリア・ノミ・マダニ混合予防薬 / チュアブル剤 / 錠剤)は、血液フィラリア検査を受けてからご使用ください。
 受付時間内に、随時ご来院をお願いいたします

 犬フィラリア(犬糸状虫)とは蚊の吸血によって感染する心臓の寄生虫で、全ての犬くん、フェレット君に感染します。注意して予防しましょう。
 フィラリアは、早ければ4月30日に予防を開始して、11月30日まで1ヵ月毎に毎月の末日に予防してあげることで、感染しません
 フィラリアに感染した場合、根治できません。慢性の循環器疾患に陥り、長生き出来ないことが知られています
年間最大でも8個の予防薬で完全に簡単に予防できますから、今年も予防してあげてください

 4月30日(土)は、フィラリア予防の日です
 蚊をすでにお見かけになっているご家庭は、お忘れなく飲ませてあげて下さい。

 次回のフィラリア予防の日は、2022年5月31日(火)です
 (フィラリア予防の日は、(4/30),5/31,6/30,7/31,8/31、9/30,10/31,11/30の年間7〜8回が必要です)

4月30日(土)はノミ ・ マダニ予防の日です

犬くん、猫さんのご家族へ、

 今年もノミ ・ マダニ予防薬の活動時期に入りました
 マダニの活発な活動についてはまだまだですが、マダニは人へ重症熱性血小板減少症候群 (SFTS)、ライム病、日本紅斑熱を感染させる事が知られています。通年でご注意ください

 ノミについては、平均気温が13℃で活動が活性化することが知られていて、3月からすでに活動をしています。また、ノミは人を吸血するだけでなく、ねこひっかき病を感染させる事が知られています。
 
 今年はすでに当院の皮膚科診療でノミ感染の事例と遭遇しましたので、例年ノミ・マダニの被害にあってしまうご家庭ではさっそく予防を始めてあげてください

    4月30日(土)はノミ ・ マダニ予防の日です

 ノミ ・ マダニ予防薬(クレデリオ / ネクスガードスペクトラ / アドボケート)を使ってあげてください
 この予防薬は診察なしでもお渡ししております、随時ご来院下さい

 ノミ ・ マダニ予防の日は、ご家族様がそれぞれに月の予防の日を決めて頂けますので、3月の末日でない日に予防処置してあげられた場合は4月の同じ日に行ってあげて下さい。
 ノミ・マダニは通年いますが、特に3月上旬から12月下旬まで注意が必要です。お気を付けください

    次回のノミ ・ マダニ予防の日は2022年5月31日(火)です
 
 (ノミ ・ マダニ予防は、2/28,3/31,4/30,5/31,6/30,7/31,8/31,9/30,10/31,11/30の最大で年間10回が目安です)

土曜・日曜のご予約につきまして

 皆様におかれましては、日頃よりお手数でもご来院の前にお電話をお掛けいただき、予約制システムへの協力をありがとうございます

 さて、土曜・日曜の診療につきまして、予約が取りにくい状態が続いております
 3~5月の土曜・日曜のご予約につきまして、狂犬病やフィラリアの予防の時期でもあるのでより取りにくい状態になっております
 予防で土・日のご来院をご希望されるご家族様は、お電話当日のご案内にならない場合が多いです
 恐れ入りますが、その場合はお待ち頂きます様お願い申し上げます

 もしも平日のご来院が可能なご家族様は、是非平日にお越しください
 比較的空いている場合が多いですので、平日のご来院をお勧めいたします

 大変恐縮ですが、どうぞよろしくお願い致します

1 2 3 4 5 6 7 8 11