お知らせ|松戸市小金で動物病院をお探しの方はきよしケ丘ペットクリニックまで

12月の診察日のお知らせ

12月の診療スケジュールは下記の通りとさせていただきます
コロナウイルス感染対策のため、ご来院の前はお電話にてご予約をお取りください
クリニックへの入場はペット君1人にたいしてご家族お1人とさせていただきます
ご不自由を掛けますが、よろしくお願いいたします。

11月30日(火)はフィラリア予防の日です

ワンちゃん、フェレットさんの飼主様へ、

 11月30日(火)は、フィラリア予防の日です。お忘れなく飲ませてあげて下さい。

 例年の調査では、11月10日〜20日まで蚊によるフィラリアを媒介が確認されています
 11月は蚊を見かけにくいですが、11月のフィラリア予防はとても重要です。必ず予防薬を飲ませてあげて下さい
 この11月30日のフィラリア予防薬は、今年の最後となります

 11月30日(火)は、フィラリア予防の日です。お渡ししている予防薬を、お忘れなく飲ませてあげて下さい。
 また、既に11月中に飲ませてあげられた方におかれては、11月30日でなく12月の同じ日に付けてあげて下さい。

 今年も5月からの予防薬を継続してあげていただき、お疲れ様でした
 来年もフィラリア予防は、5月(または4月)から始まります。今年フィラリア予防を当院でされたご家族には、
その頃お葉書でご案内いたします

 予防薬のお手持ちが無い方は、処方いたします。お手数でも御来院下さい
 次回のフィラリア予防の日は、2022年4月30日(土)です

11月30日(火)はノミ・マダニ予防の日です

ワンちゃん、猫ちゃんの飼主様へ、

 11月30日(火)はノミ・マダニ予防の日です。
 ノミ・マダニのリスクがある子は予防薬(ネクスガードスペクトラ / クレデリオ / アドボケート)を使用してあげて下さい。

 秋口より、冬を迎えるダニは夏よりも活動性が高いことが知られています
 新型コロナウイルス感染の影響で、例年のような10月・11月のように紅葉などのお出かけは無いかと思いますが、
 普段の散歩での草むらへの立ち入りや、山野に行く場合にたいして、必ずノミ・マダニを予防してあげてください

 また、普段の我々の診療では、1月・2月の時期のノミ・マダニの感染に時々遭遇します(ノミの感染が多いです)
 冬の期間にも皮膚に付着物をご覧になられた場合はご連絡ください
 この予防薬は診察なしでもお渡ししております、ご来院のご連絡をされてから、ご来院下さい
 

 近年では、人間がマダニに刺されることで起こる感染症が警戒されています
 マダニからは、細菌やリケッチア、ウイルスという病原体が人間に感染するからです
 「ライム病」・「日本紅斑熱」・「ツツガムシ病」・「回帰熱」・「重症熱性血小板減少症候群」を 代表とする感染症です。犬くんからマダニを排除して、リスク回避をしましょう
 マダニ、ツツガムシの全個体が病原体を持っていないですが、マダニに刺されないための注意をしましょう

 ネクスガードスペクトラ / クレデリオ / アドボケートは、フロントラインが持っていた効果だけでなく、ヒゼンダニ・ニキビダニにたいしても効果もある安全で広域の予防薬であることが知られています

 ノミ・ダニは通年いますが、特に3月上旬から11月下旬まで注意が必要です
 お渡ししているノミ・マダニ予防薬を、お忘れなく使ってあげてください

 11月30日(火)はノミ・マダニ予防の日です。
 ノミ ・ マダニ予防薬(ネクスガードスペクトラ / シンパリカ / アドボケート)を使ってあげてください
 この予防薬は診察なしでもお渡ししております、随時ご来院下さい

 ノミ・マダニは通年いますが、特に2月から11月の同じ日に付けてあげて下さい。)
 また、11月30日(火)を今年最後のノミ・マダニ予防としていただけます
 ノミ・マダニは1月から2月の冬の期間は活動が目立たないからです

 次回のノミ・マダニ予防の日は、2022年2月28日(月)の目安です。
(ノミ ・ マダニ予防は、2/29,3/31,4/30,5/31,6/30,7/31,8/31,9/30,10/31,11/30の最大で年間10回が目安です)

11月の診察日のお知らせ

11月の診療スケジュールは下記の通りとさせていただきます
コロナウイルス感染対策のため、ご来院の前はお電話にてご予約をお取りください
クリニックへの入場はペット君1人にたいしてご家族お1人とさせていただきます
ご不自由を掛けますが、よろしくお願いいたします。

10月31日(日)はフィラリア予防の日です

ワンちゃん、フェレットさんの飼主様へ、
 10月31日(日)は、フィラリア予防の日です。お忘れなく飲ませてあげて下さい。

 例年、フィラリア感染期間(蚊がフィラリアを媒介していた期間)が翌年5月頃に発表されます。疫学調査なので、過ぎてからの発表となります
 その結果は、例年フィラリア感染は11月下旬までで、昔から一定しています。

 10月に入ってから気温が下がり、過ごしやすくなりました。蚊もほとんど見なくなりました。日常生活の中では「蚊刺され」という問題は起こりにくい時期となりますが、フィラリアが感染する期間ですから、今月もフィラリア予防薬を飲ませてあげてください。

 10月31日(日)は、フィラリア予防の日です。お渡ししている予防薬を、お忘れなく飲ませてあげて下さい。
 (10月中の他の日に飲ませてあげられた方は11月の同じ日に飲ませてあげて下さい。)
 予防薬のお手持ちが無い方は、処方いたします。お手数でも御来院下さい。

 次回のフィラリア予防の日は、2020年11月30日(火)です。
 (フィラリア予防の日は、(4/30)、5/31,6/30,7/31,8/31,9/30,10/31,11/30の年間7〜8回が必要です)

1 2 3 4 5 6 11