お知らせ|松戸市小金で動物病院をお探しの方はきよしケ丘ペットクリニックまで

猫くんにノミ・マダニ予防を推奨いたします

猫くんにノミ・マダニが寄生すると以下のことが起こります
きよしヶ丘ペットクリニックでは、ノミ・マダニにたいする先制処置をお勧めしています

<  ノミによる病気  >
・ 皮膚炎
・ ご家族も刺されます
・ ノミ刺症     (強いかゆみを覚えます。蚊と同じです)
・ ノミアレルギー性皮膚炎 (ノミの唾液アレルギーで、かゆみの他に高度の湿疹ができます)
・ 貧血    (多数のノミに吸血されると、血液がなくなります)
・ 瓜実条虫症 (寄生虫に感染します)

&lt;  マダニによる病気  >
・ 皮膚炎
・ 貧血     (多数のマダニに吸血されると、血液がなくなります)
・ SFTS    (SFTS(Severe Fever with Thrombocytopenia Syndrome)ウイルスを持つマダニに吸血されると感染します。猫の感染症状は評価が難しいのですが、人はマダニに吸血されたり、人はウイルスを保有する猫に咬まれると発症し、ときに死に至ります)

<  皆さんに知ってほしい4つの事  >

1、 室内飼いにしましょう
 ノミ・マダニにほぼ感染しません。外出する猫は、ノミ・マダニ、猫エイズ、猫白血病、猫バルトネラ症(人が感染して猫ひっかき病)、皮膚糸状菌症などに感染し得ります。
 また、室内飼いは、外猫同士けんか、交通事故死、行方不明になりません。猫が外出する飼い方は推奨されていません

2、 室内飼いでも、安心しない
 猫くんがお散歩に行かなくても、人が荷物や衣服でノミを持ち帰って室内で繁殖することがあります
 カーペットやソファはノミの格好の繁殖場所です

3、 ノミ・マダニは通年で吸血します
 春から初秋はノミ・マダニの活動が活発になります
 ノミの繁殖活動の気温は13~32℃なので、冬でも湿度が保たれ暖房が効いた部屋はノミにとって快適な空間です

4、 毎月1回、ノミ・マダニの予防を行ってあげてください
 猫くんにたいするノミの予防薬は、塗布薬(アドボケード)があります

 アドボケードはマダニに対応しておりませんが、多種(ノミ、疥癬、ニキビダニ、ヒゼンダニ、回虫)に高い駆除効果が1か月間持続します
 今まで、きよしヶ丘ペットクリニックでは、皆様にはフロントラインプラスという塗布薬を推奨していました。しかしフロントラインは、①塗布薬は投与部分がベタつき、ときに塗布後にその部分を気にして掻くこと、②相対的に古くなった、ことから推奨しておりません
 新機軸のアドボケードを塗布薬としてお勧めいたします

トリミング・シャンプーを承っています

 きよしヶ丘ペットクリニックでは犬くん・ねこ君のトリミングを行っています

 犬くん・ねこ君とそのご家族の生活をより快適にするために定期的なトリミングをお勧めしております
 また、シャンプーが苦手な子、皮膚が弱い子、など、診察も兼ねるシャンプーだけのご利用もできます

 以下に、トリミング日のご案内をいたします

 完全予約制です 
   毎週 火曜~土曜日の平日にお受けしています
   ご予約は、お電話 または 直接受付までお願いします
   (ペット手帳やメールからご予約いただけません)
   2ヶ月前から承っております

 当日のスケジュールにつきまして 
ご来院・受付 
   ↓    午前中9:00~11:30のご予約時間にお越しください
   ↓    受付でその日の様子や健康状態を教えてください
   ↓
お預かり
   ↓    異常が無ければトリマーがお預かりします
   ↓    この時、カットの内容につきまして、ご希望をお伝えください
   ↓
   ↓     お具合が悪ければ、診察をしてからのお預かりとなる場合があります
   ↓     お預かりをしてのケアは、治療にたいするご同意が困難なため、いたしません
   ↓     健康状態によっては治療となり、延期して頂く場合があります
   ↓       (キャンセル料につきまして、ご病気で治療となった場合は発生しません)
   ↓
シャンプー・トリミング開始
   ↓    トリマーも診療に参加しておりますので、午前の診察が終了してから始めます
   ↓    その子その子のペースに合わせて、様子を見ながら行っています
   ↓
お返し
        午後の診療が開始される16:00以降のお返しです
       当日の予約状況や診療状況、犬種・カットの内容により、お返しの時間が異なります
       お返しの時間につきましては、おおよその目安をお伝えいたします。ご遠慮なくお尋ねください

< 費用につきまして >
   トリミング/シャンプーの基本料金は犬種・猫種によって異なります。詳しくは、お問い合わせ下さい。
   トリミング/シャンプーの内容には、爪切り・耳掃除・肛門腺処置が含まれています

< ご利用につきまして >
   当院にカルテがある子で、予防ワクチン済みの子に限ります
   初めてのご家族は、恐れ入りますが生来健康であっても先に診察で受診してください

 予防接種につきまして 
   当院で接種されているご家族におかれましては、接種証明書のご提示は不要です
   接種が当院でない場合、1年以内のワクチン接種証明書を事前にご提示ください
   犬くんは伝染病混合ワクチン・狂犬病ワクチン(各市での集合注射の方も)を、ご提示ください
   ねこ君は伝染病混合ワクチンを、ご提示ください
   当日スムーズに受付をして頂けるように、事前のご提示をお勧めしております

< キャンセルにつきまして >
   ご予約の前日までにお願いいたします
   当日のキャンセルからキャンセル料が発生します
   キャンセル料は前日は0%、当日は50%、無断は100%をお願いしております
   よろしくお願いします

 ご案内は以上です
 よろしくお願い致します

猫のアレルギー検査ができます

ねこのアレルゲン特異的IgEが検査で定量測定できます

  ねこ君の皮膚炎・気道炎症状にたいし、アレルギー検査が可能になりました
  頭・顔・喉・首・耳甲介にできる皮膚炎や、お腹・足を舐め続ける脱毛症状、気管支症状や蕁麻疹で適応となる検査です
  1mlの採血で実施できます

  本検査は精度の高い検査です
  本検査で原因を推測できれば、環境改善や食物除去に役立ちます

  詳細は、診察を通じてお伝えしています
  症状がなければ、検診として推奨していません
  アレルギー関連で受診中の方は、ご遠慮なくお問い合わせください

 <測定アレルゲン一覧>
    環境アレルゲン 22項目
     ・ 節足動物   : ヤケヒョウヒダニ、コナヒョウヒダニ、アシブトコナダニ、ノミ、蚊
     ・ イネ科植物  : カモガヤ、ハルガヤ、オオアワガエリ、ホソムギ、ギョウギシバ
     ・ キク科植物  : ヨモギ、オオブタクサ、アキノキリンソウ、タンポポ、フランスギク
     ・ カビ     : アスペルギルス、アルテルナリア、クラドスポリウム、ペニシリウム
     ・ 樹木     : ニホンスギ、シラカンバ、ハンノキ

    食物アレルゲン 18項目
     ・ 肉系     : 鶏肉、卵白、卵黄、七面鳥、アヒル、牛肉、牛乳、羊肉、豚肉
     ・ 魚系     : カツオ、マグロ、サケ、タラ
     ・ 食物系    : 小麦、トウモロコシ、米、大豆、ジャガイモ

 <本検査の特徴>
   アレルゲン特異的IgE濃度を定量値で測定します
   この定量でアレルゲン値を比較し、症状と関連している可能性があるアレルゲンを推測することができます
   経過が長い症状は、季節ごとに(定期的に)アレルゲン特異的IgEを測定して、モニタリング・把握ができます

夜間診療(20:00~翌3:00)のご紹介

 きよしヶ丘ペットクリニック外部ですが、
 夜間診療を行っている2施設をご紹介いたします

1)
 ひがし東京夜間救急動物医療センター
   住所  〒130-0021 東京都江東区亀戸9-23-12
 電話  03‐5858-9969
 診療時間  20:00〜翌3:00
 ホームページ  http://doubutsu-yakan99.com

2)
 どうぶつの総合病院 救急救命科 夜間診療部
   住所  〒333-0823 埼玉県川口市石神815
 電話  048−229−7229
 診療時間  17:00〜翌1:00
 ホームページ  http://www.syn.ne.jp

 きよしヶ丘ペットクリニックでは、診療時間外でも、可能な限り対応していますので、何かあった時はご連絡ください。留守番電話になりますが、カルテ番号・お名前(フルネーム)・お電話番号・メッセージを残してください。
 残念ながら、当院の限られたスタッフでは、24時間365日の対応ができないのが現実です。遅くても後日こちらから連絡いたしております

 当院の診療時間外に、とてもつらい状況や、どうしようもない状況に陥ってしまった時に、もし当院が対応できない場合(10分以内に当院からの折り返し連絡がない)は、大変申し訳ありませんが上記の夜間病院に受診して頂きたく存じます

 夜間動物救急病 院へは、お電話で受け入れの確認をしてから向かってください

11月30日(火)はフィラリア予防の日です

ワンちゃん、フェレットさんの飼主様へ、

 11月30日(火)は、フィラリア予防の日です。お忘れなく飲ませてあげて下さい。

 例年の調査では、11月10日〜20日まで蚊によるフィラリアを媒介が確認されています
 11月は蚊を見かけにくいですが、11月のフィラリア予防はとても重要です。必ず予防薬を飲ませてあげて下さい
 この11月30日のフィラリア予防薬は、今年の最後となります

 11月30日(火)は、フィラリア予防の日です。お渡ししている予防薬を、お忘れなく飲ませてあげて下さい。
 また、既に11月中に飲ませてあげられた方におかれては、11月30日でなく12月の同じ日に付けてあげて下さい。

 今年も5月からの予防薬を継続してあげていただき、お疲れ様でした
 来年もフィラリア予防は、5月(または4月)から始まります。今年フィラリア予防を当院でされたご家族には、
その頃お葉書でご案内いたします

 予防薬のお手持ちが無い方は、処方いたします。お手数でも御来院下さい
 次回のフィラリア予防の日は、2022年4月30日(土)です

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11