お知らせ|松戸市小金で動物病院をお探しの方はきよしケ丘ペットクリニックまで

猫のアレルギー検査ができます

ねこのアレルゲン特異的IgEが検査で定量測定できます

  ねこ君の皮膚炎・気道炎症状にたいし、アレルギー検査が可能になりました
  頭・顔・喉・首・耳甲介にできる皮膚炎や、お腹・足を舐め続ける脱毛症状、気管支症状や蕁麻疹で適応となる検査です
  1mlの採血で実施できます

  本検査は精度の高い検査です
  本検査で原因を推測できれば、環境改善や食物除去に役立ちます

  詳細は、診察を通じてお伝えしています
  症状がなければ、検診として推奨していません
  アレルギー関連で受診中の方は、ご遠慮なくお問い合わせください

 <測定アレルゲン一覧>
    環境アレルゲン 22項目
     ・ 節足動物   : ヤケヒョウヒダニ、コナヒョウヒダニ、アシブトコナダニ、ノミ、蚊
     ・ イネ科植物  : カモガヤ、ハルガヤ、オオアワガエリ、ホソムギ、ギョウギシバ
     ・ キク科植物  : ヨモギ、オオブタクサ、アキノキリンソウ、タンポポ、フランスギク
     ・ カビ     : アスペルギルス、アルテルナリア、クラドスポリウム、ペニシリウム
     ・ 樹木     : ニホンスギ、シラカンバ、ハンノキ

    食物アレルゲン 18項目
     ・ 肉系     : 鶏肉、卵白、卵黄、七面鳥、アヒル、牛肉、牛乳、羊肉、豚肉
     ・ 魚系     : カツオ、マグロ、サケ、タラ
     ・ 食物系    : 小麦、トウモロコシ、米、大豆、ジャガイモ

 <本検査の特徴>
   アレルゲン特異的IgE濃度を定量値で測定します
   この定量でアレルゲン値を比較し、症状と関連している可能性があるアレルゲンを推測することができます
   経過が長い症状は、季節ごとに(定期的に)アレルゲン特異的IgEを測定して、モニタリング・把握ができます

6月30日(水)はフィラリア予防の日です

ワンちゃん、フェレットさんのご家族様へ

 6月30日(水)はフィラリア予防の日です

 フィラリア(犬糸状虫)は蚊の吸血によって感染する心臓寄生虫です。
 関東地域では、全てのご家庭で、この時期から蚊が発生しますので、5月31日から毎月末日にフィラリアの予防薬を飲ませてあげることを進言いたします
 (フィラリアは、早ければ4月30日から予防を開始して、11月30日まで1ヵ月毎に毎月の末日に予防してあげることで、感染しません。)
 フィラリアに感染した場合、根治できません。慢性の循環器疾患に陥り長生き出来ないことが知られています
 年間に最大でも8個の予防薬で、完全に予防できますから、今月も引き続き予防を行ってあげてください

 6月30日(水)は、フィラリア予防の日です
 お渡ししている予防薬を、お忘れなく飲ませてあげて下さい。

 まだフィラリアの予防をお受けでない方は、急いで血液フィラリア検査に御来院ください

 次回のフィラリア予防の日は、2021年7月31日(土)です

(フィラリア予防の日は、(4/30),5/31,6/30,7/31,8/31、9/30,10/31,11/30の年間7〜8回が必要です

6月30日(水)はノミ・マダニ予防の日です

ワンちゃん、猫ちゃんの飼主様へ、

 6月に入り暑い日が続きます。夏に向かっていきますね
 犬くんたち・猫くんたちのお部屋の温度は大丈夫ですか?快適に管理してあげてください

 日課として野外に行く犬くん、猫くんはノミ・マダニ方面の対策を推奨いたします
 季節柄、マダニが多い山野へ出かける時は必ず予防をしてあげてください
 マダニはバベシア症、重症熱性血小板減少症候群(SFTS)を媒介します。
 バベシア症は犬の赤血球に感染するリケッチアで、感染すると原則的には治りません
 重症熱性血小板減少症候群(SFTS)は、人に感染する病気です。
 (バベシア症は西日本地域で見られやすい感染症です。東日本地域でも散発的に感染例が報告されています)
 例年この時期にノミ・マダニに刺される子につきまして、その予防薬の使用を提案させていただきます

    6月30日(水)はノミ ・ マダニ予防の日です

 ノミ ・ マダニ予防薬(クレデリオ / ネクスガードスペクトラ / アドボケート)を使ってあげてください
 この予防薬は診察なしでもお渡ししております、事前にお電話にてお時間を指定されてから、ご来院下さい

 ノミ ・ マダニ予防の日は、ご家族様がそれぞれに月の予防の日を決めて頂けますので、前回を5月の末日でない日に予防処置してあげられた場合は6月の同じ日に行ってあげて下さい。
 ノミ・マダニは通年いますが、特に3月上旬から12月下旬まで注意が必要です。お気を付けください

    次回のノミ ・ マダニ予防の日は2021年7月31日(土)です

 (ノミ ・ マダニ予防は、2/29,3/31,4/30,5/31,6/30,7/31,8/31,9/30,10/31,11/30の最大で年間10回が目安です)

5月31日(月)はフィラリア予防の日です

ワンちゃん、フェレットさんの飼主様へ

 今年も早いもので、フィラリア予防のシーズンに入りました
 フィラリア(犬糸状虫)は蚊の吸血によって感染する心臓寄生虫です
 犬くん、フェレット君が生活する全てのご家庭で、5月31日(月)からフィラリアの予防を開始してあげてください

 フィラリアは、早ければ4月30日に予防を開始して、11月30日まで1ヵ月毎に毎月の末日に予防してあげることで、感染しません
 脅すわけではないですが、フィラリアに感染した場合、根治できません。慢性の循環器疾患に陥り、長生き出来ません
 年間最大でも8個の予防薬で完全に簡単に予防できますから、今年も予防してあげてください

 5月31日(月)は、フィラリア予防の日です
 お渡ししている予防薬を、お忘れなく飲ませてあげて下さい

 血液フィラリア検査を受けていない方は、検査のためにご予約ください
 また、フィラリア予防薬の剤型につきまして、
   「注射(1回で全て済みます)」
   「フィラリア-ノミ・マダニ同時予防」
   「チュアブル」 
   「素錠」
 があります。これらの比較をご案内しておりますので、ご希望のご家族の方はお申し付けください
  ※ フィラリア予防注射は、5月31日(月)までの扱いとさせて頂いております

 次回のフィラリア予防の日は、2021年6月30日(水)です

 (フィラリア予防の日は、(4/30),5/31,6/30,7/31,8/31、9/30,10/31,11/30の年間7〜8回が必要です)

5月31日(月)はノミ・マダニ予防の日です

ワンちゃん、猫ちゃんの飼主様へ

 日課として散歩に行く犬くん・外出する猫くんは、ノミ・マダニ方面の対策として、フロントラインを塗布される事をお勧めします
 コロナウイルスの影響で出かけられませんが、特にマダニが多い山野へ出かける時は必ず予防をしてあげてください

 マダニはバベシア症、重症熱性血小板減少症候群(SFTS)を媒介します
 バベシア症は犬の赤血球に感染するリケッチアで、感染すると原則的には治りません
 また、重症熱性血小板減少症候群(SFTS)は、人に感 染する病気です

 シーズン中だけでなくどうぞお気を付け下さい 
 (バベシア症は西日本地域で見られやすい感染症です。東日本地域でも散発的に感染例が報告されています)
 例年この時期に刺される子につきまして、ノミ・マダニ予防薬の使用を提案させていただきます

    5月31日(月)はノミ ・ マダニ予防の日です

 ノミ ・ マダニ予防薬(クレデリオ / ネクスガードスペクトラ / アドボケート)を使ってあげてください
 この予防薬は診察なしでもお渡ししております、随時ご来院下さい

 ノミ ・ マダニ予防の日は、ご家族様がそれぞれに月の予防の日を決めて頂けますので、4月の末日でない日に予防処置してあげられた場合は5月の同じ日に行ってあげて下さい。
 ノミ・マダニは通年いますが、特に3月上旬から12月下旬まで注意が必要です。お気を付けください

    次回のノミ ・ マダニ予防の日は2021年6月30日(水)です
 
 (ノミ ・ マダニ予防は、2/29,3/31,4/30,5/31,6/30,7/31,8/31,9/30,10/31,11/30の最大で年間10回が目安です) 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11