お知らせ|松戸市小金で動物病院をお探しの方はきよしケ丘ペットクリニックまで

現在、予約制(電話とWEB)で診療をしております

 2023年3月31日まで、お電話のみでの完全予約制でしたが、2023年4月1日からWEBでもご予約をお取り頂けます
 WEBは3日前に締め切りになるので、当日/翌日の診察のご希望や、希望の時間が空いてない場合はお手数でもお電話でお問い合わせください
 新型コロナウィルス感染症と動物由来感染症の対策は引き続き実施いたします
 よろしくお願いいたします

 

完全予約制から予約優先制に変更いたします
   原則として、お電話/WEBでのご予約をお願いいたします
   直接のご来院も診療受付いたします。受付時間は8:55~10:55、15:55~16:55です
   予約の方が終わってからの診察になりますので、待ち時間が長くなったり、受付できないこともあります
   

2 爬虫類・両生類の診察希望の方は、お電話のみでの完全予約制とさせていただきます

3 ペットホテル・診察のないトリミング、処方食やお薬だけの方も、ご来院のお時間をお伝えください
  時間帯をお伝え頂ければと思います

4 診察時は問診などで近い距離での会話をしますので、マスクの着用をお願いします

5 お付き添い頂く人数の制限はありませんが、良識の範囲でお願い致します

6 受付時間は、
   火~金曜日は 8:55~11:25・15:55~17:25
   土曜日は   8:55~11:25・15:55~18:25
   日曜日は   8:55~11:25
    とさせていただきます。

 

 WEB予約をご希望の方はこちらから↓
 (トップページの予約リンクボタンからも可能です)

普段から家で体重を測りましょう

 普段から、体重を測ってあげてください

 すべてのペット君におかれまして、体重を測ってあげてください
 犬・猫・うさぎ・モルモット・フェレット・チンチラ・鳥・トカゲくん達の体重を、定期的に測ってあげてください

犬くんは人間用の体重計やベビースケールに乗って、
猫くん・うさぎ君はキャリーケージに入れてベビースケールに乗せて、
モルモット・フェレット・鳥・トカゲ君でもそれぞれのキャリーケージに入れてキッチンスケールに乗せて、測ることができます
(上記の他にもご自身の測りやすい方法でも測ってください。また、方法はきよしヶ丘ペットクリニックにも聞いてください)

というのは、
犬・猫・フェレットくんの場合、予防注射の時に体重を測っていますが、残念ながら、体重測定は1年に1回では不十分です
特に、中年齢を超えてからは、少なくても1季節に1回は体重をご確認されることをお勧めしています
 定期的な体重測定は、ご自宅で出来る精度の高い1つの健康診断です
 体重・体型(筋肉/脂肪量)が変わらないことは、簡易でありますが「健康」とご認識頂いて差し支えないからです

しかし、
うさぎ・モルモット・チンチラ・ハリネズミ・鳥・トカゲくん達は、伝染病混合注射やフィラリア予防はありません
その分、ご来院の機会がどうしても乏しいので、患者の皆様とは深刻な体調不良で初めてお会いすることが多いのです
 定期的な体重測定は、ご自宅で出来る精度の高い1つの健康診断です
 体重・体型(筋肉/脂肪量)が変わらないことは、簡易でありますが「健康」とご認識頂いて差し支えないので、是非普段から体重を測っておいてください
 特に若くないペット君におかれましては、可能な限り頻繁な体重測定を推奨しております

でも、体重測定は「手段」であって「目的」でないので、このためにご家族がお怪我をされたり、ペット君が逃亡したり、怖がられたりしてペット君関係を壊すのは避けたいです。その場合は無理な測定は推奨しません

 ご自宅での体重測定は、慢性疾患(おもに心臓/腎臓/肝臓/すい臓/消化管/甲状腺/腫瘍/サルコペニア‐フレイル)の発生を診察室よりも監視できます
このような慢性疾患は、ほぼ全ての方で慢性の体重減少を伴っておられます

 「元気が良い」、「よく食べている」、「いつも通り」は当然に大事な事ですが、ぜひそれに「変わらない体重と体型」を加えてください

 定期的な体重測定は、ご自宅で出来る精度の高い1つの健康診断です
 体重・体型(筋肉/脂肪量)が変わらないことは、簡易でありますが「健康」とご認識頂いて差し支えありません
     (これは非常に大事なので、このご案内で同じ文言が3回続いています)

 是非ご自宅での体重測定をお勧めします
また、「体重測定」「体型評価」での健康診断のための診察はいつもお受けしています
一方、「食事制限していないのに体重が減った」・「背中の筋肉量が減っている気がする」場合、これは症状です。必ず受診されておかれることを勧めます

血液フィラリア検査を行っています

犬くん・フェレット君のご家族の皆様

春らしさを少し直感する日々になりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?
 3月1日(金)から、2024年のフィラリア検査をはじめています
 ご家族様におかれましては、フィラリア検査は5月31日(金)までにお受けになり、予防薬をお持ちになっておいてください

 土曜日・日曜日は予約制でも待合室は密になりますので、平日のご来院が出来るご家族様は平日のご来院をお勧めしております
ご来院は、お手数でもWEB又はお電話で予約をお取りの上で、お願い致します

受付時間は、
  月曜日   : 8:55~11:25 ・ 13:55~15:25
  火~金曜日 : 8:55~11:25 ・ 15:55~17:25
  土曜日   : 8:55~11:25 ・ 15:55~18:25
  日曜日   : 8:55~11:25 です
(休診日につきましては、診察時・お電話・ホームページ(新着情報内)でご確認ください)

また、そのフィラリア検査の採血で、血液健康検査をお受けいただけます
この血液検査では、血液量・タンパク量・血糖値・肝臓値・脂質値・腎臓値が調べられます
 別途4200円のご負担になりますが、有用な検診の1つになりますので、5歳以上の犬くんにお勧めしております
この検診はご希望で行っていますので、受付または診察室でご依頼ください

 フェレット君は採血はありません。健康診断をお考えのご家族は、体重・体格など身体診察やご年齢で一緒にプランを考えましょう

ご来院の際はどうぞお気をつけてお越しください
よろしくお願いいたします

注射によるフィラリア予防のごあんない(5/31まで)

 きよしヶ丘ペットクリニックでは注射によるフィラリア予防をお勧めしています。
 注射によるフィラリア予防は1回の注射で1シーズンが終了します

 この注射は安全にお使いいただける上、毎月の服用から解放されます

 犬くんが予防薬を飲まない、どうしても服用をお忘れになってしまう、注射は楽なのでという場合に、注射によるフィラリア予防をお勧めしております

 フィラリア予防注射の期間は毎年4月1日〜5月31日とさせて頂いております
  2024年のフィラリア予防注射につきまして、まだ取扱い前の状態です
  内服薬につきましては、通年で処方できる状態にしております

 フィラリア予防注射は内服薬に比べコスト高ですが、便利です
 毎月の服用にお悩みのご家族様は、受付時にお伝えください。診察室でご案内します

 

フィラリア予防の飲み薬と注射の価格比較(7か月分)>(フィラリア検査費は別)
(30㎏以上の犬君におかれましては、お手数ですがお問い合わせください)

4.9㎏まで 5~10.9㎏ 11~15.9㎏ 16~21.9㎏ 22~29.9㎏ フェレット
注射薬 8600円 10700円 14650円 17100円 22400円 7300円
内服薬(比較として) 7200円 8050円 11550円 11550円 14350円 5600円

 

注射によるフィラリア予防につきまして

きよしヶ丘ペットクリニックでは、フィラリア予防に12か月持続型の注射薬をおすすめしています
毎月の飲み薬が不要になり便利です

以下にフィラリア予防注射薬が経口薬に比べてのメリットとデメリットを並べます

<メリット>
・ 1回の注射で、その日にそのシーズンのフィラリア予防が終わります
・ 注射によって、毎月の飲み薬が無くなります

<デメリット>
・ 大幅な体重の変化は予防効果が消失します。体重管理が必要です
・ 子犬君は使えません、1歳になってから使えます(成長のため体重が倍増するので)
・ 飲み薬に比べてコスト高です(おおよそで1.4倍のコスト高を見積もってください)
・ 当院では、この予防薬注射は4/1~5/31での扱いです(通年ではお受けいただけません)

この注射によるフィラリア予防は、選択肢の1つです
フィラリア予防薬の注射は、確実で毎月の投薬が無くなり楽なので、お勧めをしています

私たちの願いは、皆様にフィラリア予防を確実にして頂く事です
シーズン中の月末に、自然に確実に予防薬を服用できるご家族は、注射も飲み薬もどちらも良いと考えます
よろしくお願いいたします

1 2 3 4 5 6 7 11