お知らせ|松戸市小金で動物病院をお探しの方はきよしケ丘ペットクリニックまで

犬くんに伝染病混合ワクチンを接種しましょう

 犬君のご家族様におかれましては、日常的に体重測定・伝染病混合ワクチン接種・狂犬病ワクチン接種・フィラリア予防と、必要に応じてノミ/マダニ予防を行ってあげてください

 伝染病混合ワクチン接種の目的は、ウイルス(パルボウイルス、ジステンパーウイルス、犬伝染性肝炎ウイルス)により犬くんが伝染病にならないためです。犬君の伝染病は治療が成り立たず死亡してしまうことが知られています
 ワクチンの接種回数は、1年に1回が推奨されます

 また、この1年に1回のワクチン接種時での診察で、早期の病気が見つかることもあります

犬伝染病混合ワクチンで予防できる犬の病気は以下の7つ
① 犬パルボウイルス感染症
② 犬ジステンパー感染症
③ 犬伝染性肝炎
④ 犬コロナウイルス感染症
⑤ 犬アデノウイルス感染症
⑥ 犬パラインフルエンザ感染症
⑦ レプトスピラ感染症

 上記の7個の伝染病は、ウイルスと細菌によって起こります。これらの伝染病を防ぐためのワクチンです
 犬の伝染病混合ワクチンは7個の伝染病を予防するために極めて高い有効性と安全性があります

 犬の月齢やワクチン反応履歴によってワクチンの適応が異なります
 (①~⑥の6種類以下の混合ワクチン、①~⑦の7種類以上の混合ワクチンの2種類があります)
 実際に接種するワクチンは、飼い主様と一緒に決めていきますので、診察室でご相談ください

 きよしヶ丘ペットクリニックでは犬伝染病混合ワクチンを随時接種して頂けます
 ワクチンの定期接種の方や、ワクチン未接種の方も、予約制ではありませんので受付時間内(8:55~11:30、15:55~18:30)にご来院下さい

定期的なワクチン接種が必要です
 子犬の時に接種したワクチンで得る免疫だけでは、一生涯に渡って伝染病を防げません
 犬くんを伝染病から守り続けるためには、1年に1回の定期的なワクチン接種が必要です
 ワクチンの回数は、子犬くんは6週齢なったら接種できますので受診してあげて下さい。大人の犬くんは最後のワクチンから1年周期で年に1回です

なぜ伝染病ワクチン接種が必要なの?
 いぬの伝染病は死に至るからです
 特に犬パルボウイルス感染症は有効な薬が無く、急性に無白血球となり敗血症で死亡し、犬ジステンパーウイルス感染症も有効な薬が無く、極端な白血球減少と多彩な症状と共に死亡します
 犬くんは産まれて2か月程度までは母犬から譲られた免疫(初乳抗体)で伝染病から守られています。それ以降はワクチン未接種ですと伝染病に感染します
 このため各ご家庭に、定期的に伝染病混合ワクチンを接種していただいて免疫を獲得し、伝染病から守って頂いています

獣医師にご相談ください
 ワクチンは体調が良い時を選んで接種しましょう
 ワクチン接種の時は診察で身体検査を受けます。普段と変わってないか(体重、体型、毛艶など)を比較をし、中年齢(5歳以降)から起こる慢性疾患を飼い主様と一緒に獣医師が警戒することができます
 犬くんの飼い主様におかれましては、犬の伝染病混合ワクチンを接種してあげて頂くと共に、診察もお受けになることを推奨いたします

ワクチン後に注意すること
 ワクチンによる免疫を獲得しきるのは、ワクチン接種の3週後です。生まれて初めてのワクチン接種をしている子犬くんは担当医からの接種後のアドバイスを参考にして生活してください
 ワクチンですので、接種部位の痛み、発熱・倦怠感、アレルギー反応が起こることがあります。接種後は担当医の指示を守って頂きつつ、30分は犬くんの具合を観察してあげてください

ねこ君に伝染病混合ワクチンを接種しましょう

 ねこ君には感染症が多いです 家の中だけで生活するねこ君も必ず接種されることをお勧めします
ねこ君のご家族様方におかれましては、この伝染病混合ワクチンを引き続き定期的な接種をなさってください。ワクチン接種のために、普段の生活では無い「外出、そして通院」は、ねこ君は喜ばない事を我々は承知しております。しかし、引き続き定期的な接種をしてあげてください
ねこ君の伝染病混合ワクチンは、1年に1度の接種が推奨されています。

 屋外に出ないねこ君にも、混合ワクチンは必要です。ワクチン接種はあなたのねこ君の「もしも」に備えます

1 ワクチン時の診察
 体重・体型を確認できます。ご家庭では季節単位で体重を測っておかれるともっと良いでしょう
 若い時からの体重の記録は病気の時の重要な問診に応えられます。ワクチン接種を通じてそのねこ専任の獣医師を持っておいてください

2 感染防除
 猫パルボウイルスは感染力が強く、衣服や荷物に付着して屋内のねこに感染します
 また、猫ヘルペスウイルス・猫カリシウイルスは保有している場合があり、発症しにくくさせるためのワクチン接種は有効です
 複数のねこ君で生活しているご家庭は、高度にワクチン接種が推奨されています

3 他のねことの接触
 日常的に屋外に出るネコの多くは感染症になっています
 普段は完全屋内のねこ君でも、ほんの少しのスキマから屋外に出てしまうことは考えておかないといけません

4 ペットホテル
 最近ではお預けされる時にワクチン接種証明書のご提示を求められることが多いです
 きよしヶ丘ペットクリニックでも、過去1年以内の接種証明書のご提示をお願いしております(当院で接種された方のご提示は不要です

5 災害
 災害が発生した場合、一般的に感染症が起こりやすいです。普段のあらゆる衛生管理は災害時にも少しは通用します。日常では災害は起こらないことを信じますが、いろいろな想定をした場合、ワクチン接種は済ませておいてあげてください

 松戸市では、災害に遭ったとき、最寄りの避難所にはネコくんも行けます。
 (避難所では同居ができなかったり、ケージでの生活が必須だったりします。松戸市役所環境保全課にお問い合わせください)

 当院で使用している猫用伝染病混合ワクチンは、3種混合ワクチンです。内容は、猫パルボ生ワクチンと、猫ヘルペス・カリシウイルス不活化ワクチンです
屋外に行くねこ君にたいしては、4種混合ワクチン(上記3種類に猫白血病ウイルス不活化ワクチンが混合されている)を推奨いたします
 また、3種・4種混合ワクチンの他に、猫エイズ不活化ワクチンの接種もお受けいただけます。この猫エイズワクチンは診察室でお尋ねください

 完全に普段から家の中でのみ暮らしているねこ君は、3種混合ワクチンの接種で足ります。健康へのスタートはワクチンから。ご家族様におかれましては、お忙しい中とは存じますが「ワクチン」で定期的なご来院を行っておいてください。

猫のアレルギー検査ができます

ねこのアレルゲン特異的IgEが検査で定量測定できます

  ねこ君の皮膚炎・気道炎症状にたいし、アレルギー検査が可能になりました
  頭・顔・喉・首・耳甲介にできる皮膚炎や、お腹・足を舐め続ける脱毛症状、気管支症状や蕁麻疹で適応となる検査です
  1mlの採血で実施できます

  本検査は2018年に開発された精度の高い検査です
  本検査で原因を推測できれば、環境改善や食物除去に役立ちます

  なお、猫の食物リンパ球反応の検査は、現時点ではできません
  検査日(採血日)は火曜日~木曜日です。絶食は不要です
  金・土・日曜日は採血できません
  血液を動物アレルギー検査会社に送り、検査します

  詳細は、診察を通じてお伝えしています
  症状がなければ、検診として推奨していません
  アレルギー関連で受診中の方は、ご遠慮なくお問い合わせください

 <測定アレルゲン一覧>
    環境アレルゲン 22項目
     ・ 節足動物   : ヤケヒョウヒダニ、コナヒョウヒダニ、アシブトコナダニ、ノミ、蚊
     ・ イネ科植物  : カモガヤ、ハルガヤ、オオアワガエリ、ホソムギ、ギョウギシバ
     ・ キク科植物  : ヨモギ、オオブタクサ、アキノキリンソウ、タンポポ、フランスギク
     ・ カビ     : アスペルギルス、アルテルナリア、クラドスポリウム、ペニシリウム
     ・ 樹木     : ニホンスギ、シラカンバ、ハンノキ

    食物アレルゲン 18項目
     ・ 肉系     : 鶏肉、卵白、卵黄、七面鳥、アヒル、牛肉、牛乳、羊肉、豚肉
     ・ 魚系     : カツオ、マグロ、サケ、タラ
     ・ 食物系    : 小麦、トウモロコシ、米、大豆、ジャガイモ

 <本検査の特徴>
   アレルゲン特異的IgE濃度を定量値で測定します
   この定量でアレルゲン値を比較し、症状と関連している可能性があるアレルゲンを推測することができます
   経過が長い症状は、季節ごとに(定期的に)アレルゲン特異的IgEを測定して、モニタリング・把握ができます

2019年12月中のトリミングにつきまして

各ご家族様

平素よりきよしヶ丘ペットクリニックのトリミングサロンをご利用いただき、誠に恐縮に存じます
2019年12月中のトリミングサロンの状況をご連絡いたします

2019年12月のトリミングサロンのご予約は、ほぼ一杯となっています
12月1日時点で、お受けできる枠が僅かです
新年を迎えるべくのご依頼でお声がけ頂きましたのに、ご希望に添えない場合があり、ご容赦を頂いている状況です
大変申し訳ありません

トリミングサロンのご予約は、60日前からお受けしています
どうぞよろしくお願いいたします

年末年始のみなさまの常用薬・療法食につきまして(2019-2020)

患者様各位

 日頃より、ペットというご家族にたいし惜しみないケアをされている皆様を拝見し、頼もしく思っています
 皆様におかれましては、ケアは大事ですが、お変わりない毎日を楽しんでお過ごしください
 我々動物医療スタッフの励みになります
 今後ともよろしくお願いいたします

さて、
 各医薬品メーカーの年末年始休業に伴いまして、
 12月27日(金)から1月6日(月)まで、医薬品と療法食が当院まで届きません

つきましては、
 お手元の医薬品の残りをご確認ください
 当院へのご連絡は、メーカーが出荷の対応をするまでの時間を入れまして、12月26日(木)の12:00までにお願いいたします

でも、
 当院の薬局にある物資につきましてはこの期間中もお渡しをいたします(短い時間ですが、外来診察時間に対応しております)
 12月26日を過ぎても、まずはご連絡をくださいますようお願いいたします

ご不便をお掛け致しますが、何卒ご周知いただきます様お願い申し上げます

1 2 3 4 5 6 7 8 9