お知らせ|松戸市小金で動物病院をお探しの方はきよしケ丘ペットクリニックまで

当院で2023年度の狂犬病予防注射を接種された方へ

 松戸市・流山市・柏市のお住まいで、2023年3月2日(火)~6月30日(水)に狂犬病予防注射の登録代行をお受けしたご家庭におかれまして、2023年7月21日(水)までに、手続した物を順次郵送いたしました
 登録までお時間を頂きましてありがとうございました

 もし2023年7月28日(水)になっても届かない場合は、お手数ですが当院までご連絡(047-340-3883)をください

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
<狂犬病予防注射の登録代行につきまして>
 きよしヶ丘ペットクリニックでは、例年3/2~6/30の期間で狂犬病予防注射の代行登録(松戸・流山・柏市)を受付けております
 この期間中の代行登録は無料です。
 申し訳ありませんが、7/1~翌年3/1の接種の方、または、そのほかの市への登録はご自身で行って頂いております
 受付期間外で当院からの代行登録をされる場合は手数料3800円を頂いております
 よろしくお願い致します

犬の登録と狂犬病予防注射が必要です(動物愛護ふれあいセンターより)

犬くんと生活されるご家族様

 犬の登録と狂犬病予防注射が必要です(動物愛護ふれあいセンターより)

 狂犬病は狂犬病ウイルスを原因とする動物由来感染症で、人には主に狂犬病を発症した動物に咬まれることで感染します
 日本では1956年を最後に国内の発生は報告されていませんが、世界保健機関の推計によると、世界では依然として多くの人が狂犬病に感染して亡くなっています

 狂犬病の発生を予防し、まん延を防ぐために、狂犬病予防法により犬の飼い主には、飼い主の登録、狂犬病予防注射及び鑑札・注射済票の装着が義務付けられています。犬を飼うご家族は、以下のことを守り適正に飼育してください

◆  犬の登録
・ 犬を取得した日(生後90日以内の犬を取得した場合は、生後90日を経過した日)から30日以内に飼い主の所在地の市町村に登録をしてください
・ 犬の登録料は3000円です
・ 届け出内容が変更になった場合(飼い主の所在地が変わったり、飼い主が変わったり、飼い主が亡くなった時など)は届け出ください
・ 犬の登録や狂犬病接種に関するご質問は、下記の窓口で行ってください
         < 松戸市 >   松戸市役所 環境保全課        047−366−7336
         < 柏市  >   ウェルネス柏 生活衛生課       04−7167−1259
         < 流山市 >   流山市役所 環境政策・放射能対策課  04−7150−6083

◆  狂犬病予防注射
・ 生後91日齢以上の犬には毎年1回、狂犬病予防注射を行ってください
・ 予防注射は各市町村で春に実施している集合注射、または、個別に動物病院で実施してください
・ 集合注射では、注射後に注射済票を交付します
・ 動物病院で注射を受けた場合は、動物病院で発行される「狂犬病注射済証明書」を上記の犬の登録窓口までお持ちください。窓口で注射済票を交付します。注射済票の交付料は550円です

◆  鑑札・注射済票の装着
・ 犬の登録時に交付された「犬の鑑札」と狂犬病予防注射後に交付された「注射済票」は犬の首輪等に装着をしてください
・ 犬の鑑札と注射済票は、犬がもし逃げた時に迷子札になり、番号から飼い主の方に連絡することができます

マイクロチップの装着処置につきまして

きよしヶ丘ペットクリニックでは、マイクロチップの装着処置を行っております

装着をご希望の方は、外来診察でご予約を受ってくださいす

マイクロチップの装着費用は4800円+初診料または診察料です

装着後の24時間は、シャンプーしないでください

よろしくお願いいたします

マイクロチップを装着されておられるご家族へ

患者様各位

 マイクロチップを装着されておられるご家族へご案内です
 ご自身のマイクロチップを環境省システムへ登録をお願いいたします
 当院でマイクロチップを装着され、そのナンバーを紛失された場合は、当院までご連絡ください

  https://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/pickup/chip.html

 マイクロチップは2022年から環境省が担当し、残念ながら獣医師会との共有が無くなってしまいました
 ご不明な点・お問い合わせは、03-6384-5320(コールセンター)とお話しください

 よろしくお願い致します

4月30日(火)はフィラリア予防の日です

犬くん、フェレットくんのご家族様

 今年もフィラリア予防のシーズンに入っていきます
 各ご家庭で、蚊をすでに見た場合は、4月からのフィラリアの予防をお勧めいたします

 フィラリア予防薬(チュアブル剤 / 錠剤 / 注射剤 / フィラリア・ノミ・マダニ混合予防薬 / チュアブル剤 / 錠剤)は、血液フィラリア検査を受けてからご使用ください。
 ご予約をお取りになってご来院くださいませ

 犬フィラリア(犬糸状虫)とは蚊の吸血によって感染する心臓の寄生虫で、全ての犬くん、フェレット君に感染します。注意して予防しましょう。
 フィラリアは、早ければ4月30日に予防を開始して、11月30日まで1ヵ月毎に毎月の末日に予防してあげることで、感染しません
 フィラリアに感染した場合、根治できません。慢性の循環器疾患に陥り、長生き出来ないことが知られています
年間最大でも8個の予防薬で完全に簡単に予防できますから、今年も予防してあげてください

 4月30日(火)は、フィラリア予防の日です
 蚊をすでにお見かけになっているご家庭は、お忘れなく飲ませてあげて下さい。

 次回のフィラリア予防の日は、2024年5月31日(金)です
 (フィラリア予防の日は、(4/30),5/31,6/30,7/31,8/31、9/30,10/31,11/30の年間7〜8回が必要です)

1 3 4 5 6 7 8 9 10 11