お知らせ|松戸市小金で動物病院をお探しの方はきよしケ丘ペットクリニックまで

ねこ君に伝染病混合ワクチンを接種しましょう

 ねこ君には感染症が多いです 家の中だけで生活するねこ君も必ず接種されることをお勧めします
 ねこ君のご家族様方におかれましては、この伝染病混合ワクチンを引き続き定期的な接種をなさってください。ワクチン接種のために、普段の生活では無い「外出、そして通院」は、ねこ君は喜ばない事を我々は承知しております。しかし、引き続き定期的な接種をしてあげてください
 ねこ君の伝染病混合ワクチンは、1年に1度の接種が推奨されています。

 屋外に出ないねこ君にも、混合ワクチンは必要です。ワクチン接種はあなたのねこ君の「もしも」に備えます

1 ワクチン時の診察
 体重・体型を確認できます。ご家庭では季節単位で体重を測っておかれるともっと良いでしょう
 若い時からの体重の記録は病気の時の重要な問診に応えられます。ワクチン接種を通じてそのねこ専任の獣医師を持っておいてください

2 感染防除
 猫パルボウイルスは感染力が強く、衣服や荷物に付着して屋内のねこに感染します
 また、猫ヘルペスウイルス・猫カリシウイルスは保有している場合があり、発症しにくくさせるためのワクチン接種は有効です
 複数のねこ君で生活しているご家庭は、高度にワクチン接種が推奨されています

3 他のねことの接触
 日常的に屋外に出るネコの多くは感染症になっています
 普段は完全屋内のねこ君でも、ほんの少しのスキマから屋外に出てしまうことは考えておかないといけません

4 ペットホテル
 最近ではお預けされる時にワクチン接種証明書のご提示を求められることが多いです
 きよしヶ丘ペットクリニックでも、過去1年以内の接種証明書のご提示をお願いしております(当院で接種された方のご提示は不要です

5 災害
 災害が発生した場合、一般的に感染症が起こりやすいです。普段のあらゆる衛生管理は災害時にも少しは通用します。日常では災害は起こらないことを信じますが、いろいろな想定をした場合、ワクチン接種は済ませておいてあげてください

 松戸市では、災害に遭ったとき、最寄りの避難所にはネコくんも行けます。
 (避難所では同居ができなかったり、ケージでの生活が必須だったりします。松戸市役所環境保全課にお問い合わせください)

 当院で使用している猫用伝染病混合ワクチンは、3種混合ワクチンです。内容は、猫パルボ生ワクチンと、猫ヘルペス・カリシウイルス不活化ワクチンです
 屋外に行くねこ君にたいしては、4種混合ワクチン(上記3種類に猫白血病ウイルス不活化ワクチンが混合されている)を推奨いたします
 また、3種・4種混合ワクチンの他に、猫エイズ不活化ワクチンの接種もお受けいただけます。この猫エイズワクチンは診察室でお尋ねください

 完全に普段から家の中でのみ暮らしているねこ君は、3種混合ワクチンの接種で足ります。健康へのスタートはワクチンから。ご家族様におかれましては、お忙しい中とは存じますが「ワクチン」で定期的なご来院を行っておいてください。

は虫類・両生類の診療を行っています

きよしヶ丘ペットクリニックでは、は虫類・両生類の診療を行っています

診察日は火~土曜日で、予約時間は(※)8:55~10:55・15:55~16:55です
お電話にて診療のご予約をお取りください
ご予約のお電話では、ペット君の種類と、お分かりの範囲で状況をお伝えください
お電話の後に、担当の藤井(勝)からお電話を折り返させて頂く場合があります、よろしくお願いいたします

 診療を受け付けているのは、コンパニオン爬虫類・両生類で、
 ヌマガメ・リクガメ・ヤモリ・トカゲ・カエル・イモリ・サンショウウオ・ヘビです
 毒を持つ種類、どう猛な個体、大きなカメ・トカゲ・ヘビくんは受け付けていません

診察では、飼育環境・食事内容などの詳細をお聞かせいただくことが多いです
初めての診察にかかる時間は60分くらいをみておいてください
は虫類・両生類につきまして、診療費が異なります。ご理解をお願いいたします
担当する獣医師は1名で、藤井(勝)です
よろしくお願い致します

(※)
現在、コロナウイルス感染対策のため、すべての診療を完全予約制で行っております
事故・外傷を除き、当日のご予約は難しいことが多いです、お早目のご予約をお願いいたします

5月31日(月)はフィラリア予防の日です

ワンちゃん、フェレットさんの飼主様へ

 今年も早いもので、フィラリア予防のシーズンに入りました
 フィラリア(犬糸状虫)は蚊の吸血によって感染する心臓寄生虫です
 犬くん、フェレット君が生活する全てのご家庭で、5月31日(月)からフィラリアの予防を開始してあげてください

 フィラリアは、早ければ4月30日に予防を開始して、11月30日まで1ヵ月毎に毎月の末日に予防してあげることで、感染しません
 脅すわけではないですが、フィラリアに感染した場合、根治できません。慢性の循環器疾患に陥り、長生き出来ません
 年間最大でも8個の予防薬で完全に簡単に予防できますから、今年も予防してあげてください

 5月31日(月)は、フィラリア予防の日です
 お渡ししている予防薬を、お忘れなく飲ませてあげて下さい

 血液フィラリア検査を受けていない方は、検査のためにご予約ください
 また、フィラリア予防薬の剤型につきまして、
   「注射(1回で全て済みます)」
   「フィラリア-ノミ・マダニ同時予防」
   「チュアブル」 
   「素錠」
 があります。これらの比較をご案内しておりますので、ご希望のご家族の方はお申し付けください
  ※ フィラリア予防注射は、5月31日(月)までの扱いとさせて頂いております

 次回のフィラリア予防の日は、2021年6月30日(水)です

 (フィラリア予防の日は、(4/30),5/31,6/30,7/31,8/31、9/30,10/31,11/30の年間7〜8回が必要です)

5月31日(月)はノミ・マダニ予防の日です

ワンちゃん、猫ちゃんの飼主様へ

 日課として散歩に行く犬くん・外出する猫くんは、ノミ・マダニ方面の対策として、フロントラインを塗布される事をお勧めします
 コロナウイルスの影響で出かけられませんが、特にマダニが多い山野へ出かける時は必ず予防をしてあげてください

 マダニはバベシア症、重症熱性血小板減少症候群(SFTS)を媒介します
 バベシア症は犬の赤血球に感染するリケッチアで、感染すると原則的には治りません
 また、重症熱性血小板減少症候群(SFTS)は、人に感 染する病気です

 シーズン中だけでなくどうぞお気を付け下さい 
 (バベシア症は西日本地域で見られやすい感染症です。東日本地域でも散発的に感染例が報告されています)
 例年この時期に刺される子につきまして、ノミ・マダニ予防薬の使用を提案させていただきます

    5月31日(月)はノミ ・ マダニ予防の日です

 ノミ ・ マダニ予防薬(クレデリオ / ネクスガードスペクトラ / アドボケート)を使ってあげてください
 この予防薬は診察なしでもお渡ししております、随時ご来院下さい

 ノミ ・ マダニ予防の日は、ご家族様がそれぞれに月の予防の日を決めて頂けますので、4月の末日でない日に予防処置してあげられた場合は5月の同じ日に行ってあげて下さい。
 ノミ・マダニは通年いますが、特に3月上旬から12月下旬まで注意が必要です。お気を付けください

    次回のノミ ・ マダニ予防の日は2021年6月30日(水)です
 
 (ノミ ・ マダニ予防は、2/29,3/31,4/30,5/31,6/30,7/31,8/31,9/30,10/31,11/30の最大で年間10回が目安です) 

犬くんにノミ・マダニ予防を推奨いたします

犬くんにノミ・マダニが寄生すると以下のことが起こります
きよしヶ丘ペットクリニックでは、ノミ・マダニの先制処置を推奨しています

<  ノミによる病気  >
・ 皮膚炎
・ ご家族のみなさんも刺されます
・ ノミ刺症   (強いかゆみを覚えます。蚊と同じです)
・ ノミアレルギー性皮膚炎 (ノミの唾液アレルギーで、かゆみの他に高度の湿疹ができます)
・ 瓜実条虫症 (瓜実条虫という寄生虫を持つノミを、毛づくろいの時に摂取して感染します)
・ 貧血     (多数のノミに吸血されると、血液がなくなります)

<  マダニによる病気  >
・ 皮膚炎
・ 吸血部分の皮膚硬結 (マダニを剥がすと起こります)
・ 貧血     (多数のマダニに吸血されると、血液がなくなります)
・ バベシア症 (バベシアというリケッチアを持つマダニに吸血されて感染します。死に至りうる深刻な貧血になります)
・ SFTS    重症熱性血小板減少症候群の原因ウイルスを持つマダニに吸血されると感染します。犬は感染しても発症ないようですが、人がマダニに吸血されたり、ウイルスを保有する犬に咬まれると発症し、ときに死に至ります

<  皆さんに知ってほしい5つの事  >

1、 緑の多い場所は要注意
 ノミ・マダニは、公園や河原など緑が多い場所に生息しています
 お散歩/レジャーから帰った後はしっかりブラッシングでケアをしてあげましょう

2、 お散歩の後のブラッシング
 外から帰ってきた後は全身をブラッシングしてあげましょう
 ノミは全身に寄生しますが、特に腰のあたりは要注意です
 マダニは毛の少ない、皮膚の柔らかいところに付着しやすいので、指の間、耳、目の周りなどは念入りにチェックしましょう

3、 室内飼いでも、安心しない
 犬くんがお散歩に行かなくても、人が荷物や衣服でノミを持ち帰って室内で繁殖することがあります
 カーペットやソファはノミの格好の繁殖場所です

4、 ノミ・マダニは通年で吸血します
 春から初秋はノミ・マダニの活動が活発になります
 ノミの繁殖活動の気温は13~32℃なので、冬でも湿度が保たれ暖房が効いた部屋はノミにとって快適な空間です

5、 毎月1回、ノミ・マダニの予防を行ってあげてください
 ノミ・マダニの予防薬は、内服薬(ネクスガードスペクトラ、クレデリオ)があります

 きよしヶ丘ペットクリニックでは、ネクスガードスペクトラ または クレデリオのご使用を推奨いたします
 この2つの予防薬は、内服後4時間で効果が現れ、多種(ノミ・マダニ・疥癬・ニキビダニ)に高い駆除効果が1か月間持続します
 また、いずれもフレーバー錠で、飲みやすくなっています

 今まで、きよしヶ丘ペットクリニックでは、皆様にはフロントラインという塗布薬を推奨していました。しかしフロントラインは、①ノミ・マダニにしか効果がない、②塗布薬は投与部分がベタつき、ときに首輪や衣服に干渉すること、③相対的に古くなった、ことから、内服を嫌がる犬くんは別として、推奨しておりません
 新機軸のネクスガードスペクトラ、クレデリオをお勧めいたします

1 2 3 4 5 6 7 8 9 11